このスマートウォッチ。AN1という機種です。
他にもAndroid単独系スマートウォッチは色々ありますが、2インチスクリーンを持ってて、
マトモなスペックなのはAN1とNEPTUNEしかありませんが、NEPTUNEは5万円もするのでカット。
(その代わりNEPTUNEは2.4インチで普通のスマホ並の性能してますけど)
で。
このAN1、シングルコアA9、1Ghzと貧弱この上無いのですが、ブラウザが動けばいいと思ってた程度なので、
文句なしです。
ただ、問題があります。RAMが512MBしかないのです。
しかもいわゆる、読み書き出来るRAMは194MBしか無く、残りのRAMはシステムが使ってます。
なので、アプリをダウンロードしようとすると、194MBの中でやりくりしないといけないのですが、
一応救済策があってmicroSD(32GBまで)をマウントするとSDカードをメモリの一部として使えます。

ただ、どの様にSDが使われるかはアプリ依存で、たとえば、Googleフォトは26MBのダウンロードサイズに、
メインメモリ使用量8MB。SDに45MB使われていました。
(設定→アプリで確認出来ます)

で。驚いたのはドルフィンブラウザ。なんと艦これすら普通に動きました。
ちなみに2-3普通に戦って補給もして何の問題もありませんでした。
SDカードを見ると、データエリアという謎領域が出来てたので、
ドルフィンブラウザのスマートキャッシュはSDを優先的に使うので、FLASHアプリはどんなに大きくてもブラウザキャッシュなので、SDにさえ収まればどんなFLASHアプリでも動くのでしょう。
AN1でやる艦これはスピード的には「遅いけど我慢できない程ではない」です。あとピンチで拡大しないとタッチ操作は無理ですw

あと、Splashtopも軽快に動いたので事実上スマートウォッチ艦これ環境としては完成形です。
他所では3時間は使えるといいますし(試してない)、この手のものでは大容量になる900mAものバッテリーが、
しかも2つもついてくるので、安心と言えば安心ですし、電源は標準のmicroUSBなので、
モバイルバッテリーがあれば頓死はあり得ないでしょう。
あと、ONECLICKROOT.COMというサイトでROOT化してくれますが、40ドルも取るのであり得ないのでパスしました。
こんなマシン、ROOTとってもやりたい事ってCPU TUNNERでクロック調整と電源メニューのカスタマイズくらいだし。

中国からAN1を輸入。輸入原価で、ヤフオクに出品しました。
分からない事があれば、ここのメッセージ欄でも、ヤフオクででも質問して下さい。
つか、既にヤフオクで出してる価格は輸入原価割ってます(泣

ヤフオクで「Android 4.1 スマートウォッチ AN1」で検索して下さい。
あと、お金に余裕のある人はNEPTUNE PINEをヤフオクで買って下さい。
CPUもメモリも2倍以上余裕あります。スクリーンサイズも2.4インチと広いです。
ヤフオクで出してます。

これはドルフィンブラウザのスクリーンショット。任意に拡大出来るので、メニューも隠せます。
IMG_20150603_030714

































これはSplashtopのスクリーンショット。これまた任意に縮小拡大出来るので、便利です。
IMG_20150603_030014