まず1万円台で中華Windowsタブレットが買えるので、これを母艦にして、
Wifiルーター経由でスマホにローカル接続する事を考えました。
なお使うリモートソフトはSplashtopです。

しかし色々低スペック向けCPUチューニングソフトを使ってみましたが、みんなイマイチでした。
あとのCPUチューニングソフトは古いか、入れるとかえって遅くなる(ProcessLasso)とかありました。

で。結局、どうせ艦これしかやらないんで、艦これ母艦用Windowsバッチを書いてみました。
使うコマンドはプロセスを開始するstartだけです。
なお、Windows10で動作確認していますが、コマンド自体は古いWindowsでも動作します。

このバッチを使った感想ですが、今までアプリで何とかしようとしてたのがアホらしくなる位簡単に、
CPUパワー制御が出来、サクサクです。特にCPUコアの割り当てと優先度の割り当てが同時に出来るのと、
任意のタイミングで、プロセスを生成、削除が出来るのが強いです。

前準備。
1)32bitOS前提。64bitOSの場合、ProgramFilesのDirectory名に違いが出るので、
確認の必要があります。
2)Splashtopの自動起動は切っておく。
3)航海日誌拡張版を艦これ監視ツールとして使っているので、航海日誌拡張版の起動もしてます。
違うツールを使っている方はこの周りを書き直す必要があります。

## 艦これ監視ツール、航海日誌拡張版(logbook.exe)を起動する。
## . /affinityで割り当てるCPUコアを16進数で指定出来る。
##  2=No1コア 4=No2コア 8=No3コア 10=No4コア。
##  No2コアとNo3コアに割り当てたい場合は、C(16進数の12)と書く。

start /affinity 2 "" "C:\艦これ\logbook.win-x86-ex\win-x86-ex\logbook.exe"

## IEをCPUコア2で実行する
start /affinity 4 "" "C:\Program Files\Internet Explorer\iexplore.exe"

## SplashtopサーバーをCPUコア3で、優先度高いで実行する。
start /high /affinity 8 "" "C:\Program Files\Splashtop\Splashtop Remote\Server\SRServer.exe"

これで、極貧atom1.33Ghzでも軽々Splashtopサーバーに早変わりです。
WindowsPCとWifiルーターは鞄の中に入れて、スマホでログインして、艦これ三昧です。
49815729_p0